忍者ブログ

Days Without Memory.

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

爆走っ。

次回行われるバージョンアップの一部の情報が発表されてました。
何だか今の所は良い感じの修正が多いなーって感じでしょうか。気になったのをピックアップ。
まだジョブに関係する内容が発表されてないのが不安だったりしますけどっっ


■新エリアの開放
段丘や浮き沼の現在行けない場所が行ける様になり、多数のモンスターが配置されるそうです。
これで段丘とかのメリポ地域が軽くなると良いのですけどね?

■モグロッカーについて
モグロッカーが更に拡大されて最大70個まで確保出来る様になるそうです。
三国でも使えるのでかなり便利っ!ダブとかラパオ・ノーグでも使えるようになればなーっと思いますけど...
70個確保出来るだけでも十分でしょうかね? それよりカバンを何とかして欲しいかも。。。

■トゥー・リアへの移動手段について
今まではOPやテレポでロメを抜けて神々の間より空へと移動してましたけど新たな移動方法が出来るそうです!
ホラ・デム・メアのテレポストーンより移動出来る様になるらしいのでかなり便利になりますね?
丁度、空活動を始めた矢先のこのアップ!エコにとっては追い風って感じ!?

そういえば、リュージョン支配の際に空へ補給に行こうとしたのは私だけじゃないかと思いますけどっwwwww


ジョブ関係の事はまだ公表されてませんけど何だか良さそうな感じ。
大人数のバトルシステムも良いのですけど、白門の重さを解消する事も考えて欲しいですよね?




>>>>>
空での活動でやっぱり問題になるのは「迷子」です。
迷子にならないように簡単な案内なんぞを作ってますけど、毎回迷子になる人は居ますよね?
モレも人の事は言えないので手元に地図などを印刷してあるのですけどちょっと使いづらいです。んじゃどうすればいいのかな?って悩んだ結論が....



自分の使いやすい様に作ればいいんじゃん!って単純なことっ。



折角作るのだから迷子になる人にも持ってもらいましょって事で細かく作り始めました。
でも、少しでも間違うと大変ですから確認する為に空へと向かいました。


まずは近場のウェポンへと行きまして正面右の入口からマザー方面へと向かいます。
空で活動してる方は分かると思うのですけど色つきの扉があるんですよね?・・・大体は近場にスイッチあり....。
ツボの???やマザー方面に向かうには「青扉」を操作しないとダメなのですよね?




近場にモノリスがあるので問題ない様に思えますけど、これが中々曲者なのですよ!!!








操作して扉を開けて急いで扉へと向かいます。














っが!!













目の前で扉が閉まって抜けれないと...(´д`)うぐっ。





何処かで何かやってるは知らないですけど、開けても通り抜ける前に閉じちゃって進めないのですよー・・・。


ほんと目の前で何度も何度も閉まりまして全く先に進めねぇーーー!!!ヽ(`Д´*)






流石に見かねた近くの方がスイッチ操作をしてくれましてやっとこ進む事が出来ましたけど・・・。

10分近く扉とスイッチを往復してましたよ....orn orn orn


マザーの位置を確認しまして次はジパ方面へと向かいます。
ここは最近何度も着てますので余裕?♪ ウロウロしてたらジパが居たのにはびっくりしました。
狩りたい時は居ないのに、必要のない時に居るのはお約束って感じでしょうか?


続きましてファウスト方面へと向かいます。
ここもごちゃごちゃしてるけど基本的に一本道って感じであっさりとファウストエリアへと到達しまして先を目指します。
何だか人がいっぱい居るなーっとか思ったら、、、思いっきりファウストに絡まれましてアポーン。。。
死ぬ予定じゃ無かったのでリレイズもしてなくて...あえなく白門へと帰国しました。(ロスト2400....)




2006112201
【モレがココまで連れて来ちゃったけど、ロボロボ大暴れしてましたっ!死者多数っ】



白門に戻りまして再度空に行くのは面倒でしたのでアトルガンMを進めることにしました。
次は「特使の御楯」でカラババと一緒にBC戦らしいのですけど何やら余裕とか。
ソロでも行けるって事でしたけど、心配ですのでメリ・プルと一緒に行こうかと思ったらまだそこまで進んでないとか。。。
プルとは先日一緒に行った気がしたけど....違ったのか!っと思いまして「漆黒の柩」へと行く事になりました。

希望者のアゼが来まして4名、サチコメで希望者を捜したりシャウトで募集しまして6名。(忍・忍・戦・詩・赤・白)
BC自体は難しくないのですけど行くまでが怖いんだよね?っと言いつつ進みまして....




包帯が視覚と忘れてましてガ系が飛んできて生命反応した骨っこたちが集結っ!!





モレの責任で....( ´-ω-`)はぅ。




アゼが骨を引っ張ってくれてる間にプルにレ?を頂きまして復活。



2006112202
【とっさの際の判断はメリが1番。奥の方で何もしてなかったですっっっ!】



絡まれて死んだメンバーなどの救出にちょっと時間かなっちゃいましたけど、何とか無事BCへと到着しました。
先日サイアスと来たけど苦労した覚えが全くないので作戦の立てようが無かったのですよね?・・・
なので開幕はめりの印プガでスタートしてゲッショーが起こした敵を集中的に倒す感じで行きました。

開幕5匹でプガで寝かせてゲッショーが起こした敵を倒します!
二匹目になった際に他の3匹が起き出したので各自ソロで対応しまして無事撃破成功?☆
ボスを含む敵がPOPした際に混戦となりましたけど問題はなかったです。


 ボスはマラソンするからっと言ってたけど、誰かがバインド入れたのよね!www
 タゲ取って逃げても追いかけてこねーしwww 仕方ないのでソロで行きましたけど強くは無かったです。



2006112203
【柩のボス:コルセア。こいつのロールは敵に効果を与えるんですよ? 何かずっこい。】


無事にクリアしましてBC外へと排出されます。
そういえばクリアするとナシュモへ飛ばされるんだ!っと思い出したのですけどメリは分かるけど何故かプルが...。



2006112204
【何でプルはナシュモに飛ばされなかったんだろ?っと真剣に悩んじゃいましたよ...。】




やっぱり先日一緒にクリアしてた訳でwwwwっうえwwwww
その後にあるリアル1日待ちから進めてない事が判明しました。(最初からそう言えと。)




白門へと戻りましてアサルトへと行って見ました。
皆様どんどん階級が上がってて羨ましい限りですがモレがサボりすぎたのが原因なんですよねっっっ
サイアスも合流しまして6人で「賢哲王暗殺作戦」へと!初めてのアサルトでドキッドキワクワク。


 「賢哲王暗殺作戦」 上等傭兵以上

 王様?が1匹居るのでそれのHPを減らしてデジョンさせればクリアとなります。

 この王様はダメをある程度与えると逃走するので追いかける感じに。
 逃げる際に通り道に居るマムがリンクして大量になる場合もあるのでかなり注意って感じ。
 それを避けるためにある程度雑魚を倒してから王様へと攻撃するのが良さそうです。
 王様にはバインド・グラビは不可、スタンは可能。ワークアップと同時にとんずら並のスピードで逃走します。



まずは通り道に居るだろう雑魚をどんどこ掃除して行きます。
やっぱり忍者のマムは手強い感じですね?両手から来る攻撃であっと言う間に蝉が剥がされちゃいますよ。。。
雑魚を掃除しつつ進みまして広場にて王様を発見っ!!
まずは付近の雑魚を掃除しはじめたのですけど、王様がこっちに着たのでリンクしたーっとか思ったら...



サイアス :「ノンアクだよ?」



思いっきり絡まれたかと思いましたよ....w
雑魚を掃除してから王様を洞窟にひっぱりまして戦闘開始。ビシバシ攻撃して行きますと逃走開始っ!!!
これが早い早いっwwww 皆で一生懸命後を追いかけます!!
幸い掃除した方面へと逃げてくれたので雑魚のリンクは無かったです。



2006112205
【追いかけてる最中。写真には写ってないですけど王様は遥か先を爆走してましたっwww】



追いかけて攻撃して逃げられてーを繰り返しまして捨て台詞を吐いてデジョンして終了。


初めてのアサルトでしたのでとっても面白かったです。
鑑定の結果は相変わらず。LSでは最近はハイポベルトを誰かに送るのが流行ってるみたいですね?。

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

アーカイブ

プロフィール

NAME: Kenbi

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

Copyright ©  -- Days Without Memory. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]