忍者ブログ

Days Without Memory.

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こっちにもきてました。

暖かくなったり寒くなったり。春らしいって言えばそうかもかも。

って事で・・・ こっちにもきてました、桜。
 


20090401.JPG


20090402.JPG




机の中の小銭貯金が貯まりましたので悩んだ末にスピーカー(車用)を購入しました。
購入したのは「ALPINE:DDL-R17S」と「(バッフルボード)ALPINE:KTX-Y177B」の二種類。
XBOX360も考えたんですけどPS3を持ってるし、直ぐにやりたいって訳でも無いので・・・

 電車通勤や自転車で通勤するなら「iPod」とか欲しいですけど・・・
 車通勤ですから必要ないんですよね~ 色々見てると欲しくなりますけど実用性は無く。
 学生だった頃なら絶対買ってるなーっと思いますけどっっっ

 
純正でも満足なのですがレビューとかで「凄く変わった!」って書かれると弱いでス。
何時も通りココからドツボへとはまっていく訳でス。

スピーカーの交換手順を調べてると「デットニング」をすると効果がアップするとかとか。
昔はショップなどで高額掛かりましたけど、今はキットが販売されてて簡単に出来るとか。
んじゃそれも買っちゃいましょって事でデットニングキットを購入。(前ドア2枚分)

 デットニング:
 ドアの内張などに鉛や対策シートを貼り付けることでノイズや振動を遮断・吸収する。
 音にメリハリが出る、低音が引き締まる、音域が広がるといったメリットがある。

スライドドアのデットニングは面倒or効果が薄いとかで必要無しと判断。
フロントを交換するならリアも!ってなりますよね~ 「ALPINE:DDL-R17C」を購入。
当然、リア用のバッフルボードも必要になりますから「ALPINE:KTX-Y175B」も購入。

 バッフルボード:
 スピーカーを車体に取り付ける際、スピーカー本来の性能を引き出すために介される台座。
 取り付け強度・剛性不足による共振を防ぎ、キレのある力強いサウンドを実現する。
 カーオーディオを極める上で基本にして最も重要な項目のひとつ。

ココまでで掛かった費用は64,000円。小銭貯金は55,000円。この時点で9000円の赤字、、、。
この他に配線が必要になるかもで、、、やっちゃった感がーーー。

まぁ工賃は自分でやるんで掛かりませんけど、本当に変化を体感出来るのか疑問。
こういったパーツ系って体感できるかっが重要なんですよね~・・・。

今週の土曜日にでも取付したいと思いますので忘れなかったら写真撮りたいと思いまス。
 

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

アーカイブ

プロフィール

NAME: Kenbi

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

Copyright ©  -- Days Without Memory. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]