忍者ブログ

Days Without Memory.

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

礼拝の意味。

昨年購入したDSの下液晶のタッチパネルがずれるんですよ。

私はほとんど使ってないので気づかなかったのですけど、そう言えば同居人が騒いでたっと。
設定からタッチスクリーンの調整をして見ますと何時になっても終わらない・・・。
幸い保障期間内ギリギリでしたので修理に出す事にしました。

購入したお店に修理に出すと時間が掛かるらしいのでネットを通じて任天堂に直接依頼。
症状やら機械?などを記入しますと無料で「修理品発送キット」を送って貰えました。
修理に出すのに面倒な梱包や宛名書きは必要なし。送料も掛からずとっても便利。
ちょっとした事ですけど任天堂の心遣いは素晴らしいと感じまス。
(裏を返せばそれだけ修理の依頼が多いって事!?)

ニャミたちの分のプロM4-3『礼拝の意味』へと行って来ました。
参加メンバーを確認しますと盾が出来る人が少なめ。
ナイトさんが来るのは知ってたので忍者で参加しようか最後まで悩んだのですけど・・・
削りが少ないと苦労しそうなので侍で参加する事にしました。

 狩人で参加しようかと考えたのですが準備が大変でしたので。
 侍でもソボロが使えるので十分と感じたので侍にして見ました。


ここ2日ほどサチコメにて募集をしてましたけどTELが着たのは二名でした。
気づいて居ないのかクリア済なのかは不明ですが何だか寂しいですね〜

時間前にダブへと移動しまして準備をしまして待機。
今まで発生しなかった「失われた料理」のクエも無事に受けれたの良かったでス。

 このクエは南サンドの「タブナジアの商人(ワート)」をクリアしてから
 ダブ三階に居る長老に話をして依頼者に話すという手順で進むらしいでス。
 私は長老に話をしてなかったので今まで発生しなかった見たいですね〜


参加者を確認すると若干戦力不足と感じましたのでサーチをしましてフロンとノモを拉致。
ニャミたちは既にベルト取りか何かで「珊瑚の紋章のカギ」を三つ持ってるとの事。
ですので獣人を倒して呪いを解除する所からスタートしましたっ
時間前にはメンバーも揃いましたので早めに開始することが出来ました。

構 成:
  ケンビ(侍)・カプ(戦)・アゼ(か)・メリ(黒)・プル(餅)・ノモ(赤)
  フロン(黒)・ニャミ(シ)・チー(白)・ムサ(ナ)・野良(赤)・野良(狩) 計12名。


予 定:珊瑚の紋章のカギは所持してましたので・・・
 ?獣人を倒して呪いを消す。
 ?料理クエの???をゲットする...?
 ?コースNMを退治して「海獅子の紋章のカギ」を入手する。
 ?カギを2個使う扉を開けてイベントを見る。
 ????を調べてお化けを倒す。???を調べて「礼拝堂宝物庫のカギ」を入手する。
 ?カギを2個使う扉を開けてイベントを見る。
 ?宝物庫に入り記念写真を撮影して終了。

 

ルフェーゼ野』へと出ましてオークやら巨人やらを散らばって倒します。
高LVのメンバーが揃ってますから敵を見つけてもあっと言う間に倒されちゃう感じでっ
LV61の侍で攻撃してる所にカプ戦が来てパコっと倒されちゃったのは悔しかったでス。
遅れてきたアゼの事を考えまして21:30まで獣人を倒しまして礼拝堂へと向かいます。


2008021301



2008021302



2008021303



2008021304



礼拝堂へと突入しまして迷路を抜けましてフォモルの居る通路に到着。
スニを切りまして絡まれないかチェックっ。全員呪いは消えてましたのでバッチリっ!
絡まれないと分かっていてもフォモルが大量に居る部屋に入る時はドキドキしますよね...(笑)

フォモルは回避出来ますけどタウロスはムリなので倒しながら進みましてコースNM部屋に。
通路に並んでる骨はコースNMとの戦闘中に襲ってくるので先に処理。黒のガで余裕でス。
コースの魅了はスリプガで対応。スリプガが在るので後衛は離れ気味に。

準備が出来た所でコースを釣りまして戦闘開始。
アゼは「丁度じゃ余裕だね!」っとか言ってましたけど丁度の強さには思えなかったでス。
コースとの戦闘中に骨がワンサカ登場!アレレっと思ったのでが通路は2箇所在ったんですよね・・・っ
骨はHPも少なく大して強くも無いので個々に撃破した所で魅了が着ましたけど問題なし。
骨の乱入に慌てちゃって写真撮るの忘れました、、、「海獅子の紋章のカギ」ゲット!

MPを回復しましてカギ2個を使って開ける扉前へと移動します。
ここの扉同時にカギを使わないと「珊瑚の紋章のカギ」は壊れちゃうんですよね。
ヴァナ時間を合わせてトレードするのですがトレードを開きますと時間が見えないっと!
まぁ時間的には若干余裕が在るらしいので適当でも・・・(笑)

扉の先にはゲイザーが居ましたので倒して曲がった先にある扉を調べてイベント発生っ
来た道を戻りましてオバケ退治。6箇所ある「???」からランダムで当たりがあるのですけど・・・
私の日ごろの行いが良いので一発POP。メリやプルでしたら礼拝堂を彷徨う事になりそうでス。

 オバケはスリプガが在るので毒薬を使用。子オバケは2匹は放置っっ
 途中でワープするので魔法の詠唱(タゲ)には注意。フォモルに誤爆すると地獄絵でス。


2008021305



通路まで引っ張ったのですけど、フォモルに絡まれないので室内でも良いんですよね。
ワープしたオバケを追いかけ攻撃して撃破!犠牲者が出なかったのは意外でしたっっ


2008021306



再びカギを2個使いまして扉を開けて曲がった先の扉を調べてイベント発生っ
宝物庫へと移動しましてプロマシア像の前で記念撮影して終了となりました。


2008021307



今回ニャミから話を聴いた時に「珊瑚の紋章のカギ」は在るって事でしたので楽勝でした。
コレがカギ取りからですと2〜3時間は掛かりそうな感じですよね・・・。
野良さんと分かれましてウィンへと戻り空の準備を済ませてログアウトしました。


2008021308





次回はちょっと難関『プロミヴォン-ヴァズ』でス。
BFは6人ですけど道中のNMを考えると2PTは欲しいかなっと思います。
野良からも募集して見ますけど無理な時はまたお手伝い頂ければと思います。
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by Az@痛快なる大絡繰士
  • 2008/02/14(Thu)15:41
  • Edit
なんか会話に違和感を感じると思ったらそーいう事か…w

丁度=コウモリ
コースは言うまでもアリマセンヨ\(≧▽≦)丿アヒャヒャ

あんなんソロで勝てるジョブ居ないヨwww
一撃クリティカルで300食らいましたヨwww

三回中二回避けたケド!!

無題

  • by otoha
  • 2008/02/14(Thu)22:52
  • Edit
丁度帰省中でオンできなかったネコです(>_<)
ヴァズの時は声かけてくれればお手伝いしますぞーw

無題

  • by めりno
  • 2008/02/15(Fri)10:00
  • Edit
魅了ケンビさんに何度も殴られて瀕死になったことは忘れられない思い出にナリマシタ。
ううううw

感謝感謝!

  • by nyami平
  • 2008/02/15(Fri)13:20
  • Edit
Kenbiさん、お手伝いのみなさん。。。あざ━━(@´艸`@)━━っす!!
しばらく止まっていたPMを進めることが出来て感謝感謝です。
本当にヽ(*´□`*)ッ ありがとう!!

無題

  • by Kenbi
  • 2008/02/15(Fri)15:19
  • Edit
>>アゼ
コースはNMなのに「丁度」とか言われて可笑しいなっとは思ったよっっっ
しかもソロでやれるっとか言われて、、、(笑)
まぁ骨っ子の乱入は予想外だったけど笑えたので良かったでス。

>>オトにゃん
帰省お疲れさまでしたー レインが寂しそうにしてましたゾ。
ヴァズのお手伝いぜひぜひお願いしますー 日程は後日決めますので宜しくねっ
そろそろうちの方にカニが届くのかしら?w

>>メリノ
アタタ。ソボロだったから魅了されたらヤバイかなっとは思ってたんだよね、、w
その後スリプルで寝かされて、そのまま放置されるのかと思いましたっ

>>ニャミ太
ココを知ってたとは意外っっっ
プロMお疲れさまでしたー ヴァズも予定するのでこの機会にクリアして・・・
チーと一緒に私の忠実なるシモベとして働いて下さい(´_ゝ`)

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

アーカイブ

プロフィール

NAME: Kenbi

ブログ内検索

カウンター

アクセス解析

Copyright ©  -- Days Without Memory. --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]